CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
トウキョウタワー
 


もうすぐ役目は終わってしまうけど
やっぱりきれいだな。
東京タワー。
| diary | 14:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
長谷川潔展
 


横浜美術館で展示中の長谷川潔展を見ました。

絶対好きだと思うと教えていただいて行ったので、
期待がむくむく膨らんでる状態で行ったのですが期待以上でした。

モチーフが植物が多いのですが実や小さな花や葉、枯れかけた
枝や樹が描かれていて食い入るように見ていました。

ところどころに長谷川潔の言葉が作品解説のようにぽそりと
書かれていたのですがとても詩的な文章で絵からさらに世界が
広がるようなかんじです。

神話のモチーフも多くほとんどの作品がモノクロですがとても
深みのある作品でした。なんといっても黒の色が本当にきれい。

銅板の原版も展示してあってよく見ると、刷ったところは真っ黒
だけどそこの部分にも細かい線や刻みがたくさん彫られていて、
だからこそこの色が出るんだと感動しました。

宇宙や生命はひとつの輪でつながっている、という言葉が最後の
方に出て来たのがとても印象に残っています。
今読んでいる本とリンクする部分が多いからかな。

実際に制作に使われていた道具も展示されていましたが彫金の
道具に使うものもありました。銅を彫って刷るんだからそれは
そうだなとも思いましたがなんとなく親近感がわきました。

ちょっと遠いですが行って良かった展示です。








| diary | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブラック・スワン



バレエを題材にした映画は好きでよく観ますが、ただのバレエ映画
ではなかったです。

細かい心理描写がすごかった。主人公が幻覚を見るほど追いつめられて
いく様をカメラワーク、音、衣装やメイクの色まで使って作り
込まれていました。

手持ちカメラっていうんでしょうか。主人公目線で撮っていたり、
バレエのシーンも観客側から撮るのではなく舞台からバレリーナ
の視線で撮っていてそれが余計にリアルでしたし、バレエの動き、
躍動感が伝わってきました。

ファッションも最初はわあかわいいーと思って見ていましたが、ラストに
向かうにつれてピンク系のふわっとした質感の衣装から、グレーなダーク
な印象の衣装になりました。
ナタリー・ポートマンの演技のせいもあるのだと思いますがメイクも少しずつ
変化していったような。

ここまで世界観を作り込まれるとのめり込んで見入ってしまいます。

最後のバレエシーンは圧巻でした。
ナタリー・ポートマンが本物のバレリーナにしか見えなかったです。

もともとバレエをやっていたのでしょうね。
でなければあそこまで踊れないですよね。

映画の中に出てくる彫像や家具もすごく気になりました。
特に、ナタリー・ポートマンとウィノナ・ライダーが言い合う場所に
出てきた羽根の生えてる彫刻。
気になる。


 
| diary | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 朝から大荒れの天気の今日。

一瞬の晴れ間に外を見たら、虹が。




人生で初めてきれいな半円を描く虹を見ました。

ちょっと言葉にならないくらい美しかった。
ほんとに一瞬で消えていったけど。


自然は恐ろしさも人間に与えるけど、こうして素晴らしい
ものも見せてくれる。

こんなものを見せてくれるのだから、やっぱり、自然てすごい。






| diary | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マリッジリング
同級生の陶芸家の友人に注文をいただいて作った結婚指輪。

なんと新郎新婦共に指輪をするのは初めてだそうで。

なるべくシンプルに。でもゆうちゃんぽいかんじがいいな。

ということでかたちはまっすぐな平らなデザインに、3種類の
荒らしをかけてマットな表情に。

均一ではない荒れ方がハンドメイドならではかと思います。

素材は18金と18金のホワイトゴールドです。





せっかくだし、箱も作ろう!となって、真ちゅうで箱もつくりました。
硫黄で色あげして味のある雰囲気に。



  


式で自分のつくったものが目の前で交換されるのを見るのはなんだか
感慨深いものがありました。

気に入ってもらえたようでほんとうに良かった。

お願いして良かった、と言ってもらえるとこの仕事をしていることを
ほんとうに嬉しく感じます。





| works | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サクラ
 


桜を見てたおばさん二人の会話。

「きれいねー。」
「でももう一息ってところね。」
「そうね。明日がベストね。」
「明日も来なきゃ」

桜に対するなんという美意識の高さよ。


緑もきれいですよ。




| diary | 00:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
金属のかけら
 金工の先輩、秋野ちひろさんの展示へ行きました。




六本木の路地裏の時間をさかのぼったようなアパートの一室が
ギャラリーでした。

ギャラリー自体もだけど、ちーさんの作るものも新しいのに
何年も時が経っているようなものばかり。

しかもそれがちっとも『古っぽいもの』じゃない。

きっとちーさんのなかで熟成されて出て来てるような気がする。





| diary | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
春アクセサリー
 


もう始まってますが、日本橋三越にて、デザインしたアクセサリーが並んでいます。
再び、studio GALAさんのお仕事をお手伝いさせていただきました。

春らしいきれいな色のガラスと銀と珊瑚のアクセサリーです。

見てくださった方の気持ちが少しでも明るくなりますように。

3月30日〜4月6日
日本橋三越5Fスペース5にて

営業時間は三越HPでご確認ください。






 
| works | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
念願の
 インド料理屋、ダバインディアへ行ってきました。
お店の内装は静かなブルーがメインカラーで、どちらかというと
地中海あたりの国のご飯が出てきそうな雰囲気でした。
とてもかわいいお店です。

お料理はとにかく、美味しい!のひとこと。


バナナの葉っぱの上でごはんと混ぜながら色んなカレーを食べました。
カレーのイメージが変わります。
食べ方も楽しくてさらに美味しくなる。
食べた事の無い素敵な味です。

一緒に行った友人も喜んでくれました。

ネパールへ行っていた彼女からはかわいいお土産をもらいました。


マサラチャイセット。今の季節にほんとに嬉しい。
巾着はネパールのおばさんたちがスカートにくくりつけるお財布だそうです。

丁寧に手縫いでつくられたお財布。
これをチャリチャリいわせて、カラフルな服をまとった女性たちが市場で
お買い物をするのでしょう。
いい景色が目に浮かびます。




| diary | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
能楽堂
渋谷のセルリアンタワーへ行ったついでに、見てみたかった能楽堂
見学しました。
時間が合えば、誰でも見られるそうです。

意外にこじんまりとした舞台は客席の距離が近くて迫力がありそう。
能だけじゃなく狂言なども上演するそうです。

一度見てみたい!



 


この近くにプラネタリウムも出来たそうです。
プラネタリウムって聞いただけでなんだかわくわくします。
いしいしんじさんのプラネタリウムのふたごも思い出します。




| diary | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 3/5PAGES | >>